銀行仕置人

将棋の戦いが熱い!
今日はNHK杯予選で藤井二冠と木村九段が対戦し木村九段が勝利した。
先日の王将リーグでの藤井二冠からの敗北に、今度は雪辱を果たした。
藤井二冠を応援しているものの、他に激戦が続いている。
それはとても良いことだ。
将棋界も活性化してファンも増えるのではないか。

そして今日もプロ野球の日本シリーズがある。
しかし、今日は「カラオケバトル」もあるようだ。
チャンネルぽちぽちして、どちらもみるしかない!

さて、今日は池井戸潤さんの「銀行仕置人」を読んだ。
テレビの「半沢直樹」もそうだけど、池井戸さんの作品は爽快だ。
銀行組織とそれにかかわる巨大な敵と主人公が戦い勝利を収める。
勧善懲悪、そんなストーリーだ。
この「銀行仕置人」もそんなストーリーだ。

池井戸潤さんの小説の主人公は、いつも「正義」を貫く。
それは本当にカッコいいし、僕も世の中のおっさんもそうありたいと願う。
だから小説を読んだり、原作のドラマをみるとみんな元気がでる。
そんな小説を書ける池井戸潤さんは素晴らしいと思う。
きっと、そういうメッセージを持って書いているんだろう。
「世の中のサラリーマン、中小企業の経営者よ、共に頑張ろう」みたいな。
凄いなあ・・・

でも、僕たちは仕事の中で、その正義を貫けない時がある・・・
そういう時には自分を責めてしまうんだ。
会社組織の中には、自分の立場を優先しようとする人が多い。
そして、人を陥れるような行為、自分の保身の方が簡単だ。
僕はそれなりに、一生懸命な奴を、マジメな奴を、優しい奴を守る努力をしている。
だけど、僕の力では限界がある・・・
ああああ~、僕にもっと力があったらなあ・・・って思う。
それこそ上場企業にいるころ、人を蹴落としてでものし上がるべきだったのか?
それができないから、上司や組織に小さな抵抗をして、転職を繰り返した。
そして今も葛藤している・・・小さな会社だから何とか正義を守れているか?

今の職場には本当に素直で、一生懸命で、健気に働く人たちが多い。
だから彼らの職場での立場や、給与や、家庭生活を守らなければいけない。
自分の業績のために、彼らを有利に従わせようとする者から守らなくては。
ただし、会社の業績が良くないと彼らの生活も守れない・・・
これからも難しい仕事は続く・・・
だけど、半沢直樹まではいかなくても、正義を貫ける人でありたい。

スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

No title

こんばんは。
いつもブログにお付き合い下さりありがとうございます。

正義を貫くって、自分自身の筋を通すって
本当に難しいと思います。
この世知辛い世の中、しかもあっという間に
捨てられてしまう時代に、良かれと言えども
自分の信じる正義を、例え正論だと分かっていても
周りに言う事は、本当に難しいです。
言えば、潰されるのは目に見えているし
誰も助けてくれないのが解っているから。
本当に辛いですよね。
でも、人として、一社会人として、一人の親として
子供達の為に、やっぱり正しいと思うことは
貫き通したいです。
本当にきつくて、辛い道のりになるのは
解っているけれど。

minaさんへ

minaさん、こんばんは。

とても素晴らしいコメントをありがとうございました。
ホントにね、minaさんのおっしゃる通りだと思うんです。
minaさんだから言えること・・・

僕はサラリーマンだから、何だかんだ言って会社に守られている。
でもminaさんは、自分でお店を運営してるから自分で責任を持つしかない。
だからこそminaさんの言葉は、僕の何倍も重みがあると思います。

凄いなあ、minaさんは。
僕も出来ない言い訳をしないで、minaさんのように挑戦する勇気が欲しい。
ありがとうございました!
プロフィール

くそったれの僕

Author:くそったれの僕
僕は「自由」が大好きです。みんなが「自由」だったらいいのになあと思います。
★このブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ★

FC2ブログランキングに参加しています!
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR