大切な人に苦言を呈する

今朝、朝食後の歯磨き時に、部分入れ歯の洗浄をしてたら折れた・・・
うう~ただ歯ブラシで汚れを落としていただけなのに・・・
でも仕方ないかあ、歯医者さんに無理を言って限界まで薄くしてもらったから。
しかし、入れ歯の修理にはすごくお金がかかる。
半年くらい前に記事にしたけど、歯が抜けたので入れ歯の改造をしたら・・・
何と、合計で2万円くらいかかった!
折れた部分入れ歯をくっつけたこともあるけど、それには8千円くらいはかかった。
ふう~でもお金に代えられないからなあ。
今日は祝日なので、ひとまずタフグリップを買ってきて歯茎にくっつけた。
ネットでいろいろ調べた結果、今の状況を考えると「クリーム」が良いらしい。
明日には歯医者さんにちゃんと予約をして直してもらおう。

さて、先日、ある若者に苦言を呈した話をしてみたい。
でも・・・昨日の記事にコメントをくださった方の内容が素晴らしくて・・・
僕のような中途半端な人間が、苦言(というか助言だけど)の記事を書いて良いのか?
まあ、いいことにしよう(苦笑)。

僕は、おばあちゃんやおじいちゃん、そして若者たちと話す機会が多い。
先日はある認知症のおばあちゃんの頬に、僕の手を10分くらいすりすりされた(笑)
まあ、そんなことで喜んでくれるなら、こんなに嬉しいことはない。

で、先日は高校2年生の女の子に、大学の進学先について相談された。
いやあ、僕のような学歴のない人間に相談されても・・・と思ったけど。
その子は、時々話を聞くことのある子だ、とても優秀な進学校に通っている。
でも、とても優秀だけど、メンタルがちょっと弱いかなあ?
1年生の頃、ある財団の試験を受けて、財団の投資でイギリス留学を目指した。
最終選考にまで残ったが、結局、落選した。
彼女は、オックスフォード大学に留学したかった。
だから、オックスフォードに行けないなら、日本のどの大学に行っても意味がないと。
だから、勉強する気力をなくして、成績が学年15位前後から思いっきり下がった。
「どうしても勉強する気が起きない、でも目指す大学で絶対負けたくない人がいる」。
いやあ~それは無理ですよね、普通に考えても。
「負けたくなければ勉強して、そいつより偏差値の高い大学を受けるしかない」。
そう言うと、ぐにゃぐにゃと言い訳をする・・・例えば、
「いろいろ忙しくて勉強する時間がない」とか、
「その人以上の大学を目指すなら〇大だけど、行きたくない学部で受験したくない」とか、
「勉強さえすれば、その子には絶対負けない」とか・・・他にもいろいろ(笑)。

今まで、その子の愚痴は、すべて肯定して、励ましてきた。
でも、そろそろ限界だと思ったんだ。
とても優秀な子だから、間違いなくGMARCHを超える大学に行く。
だけど今のマインドなら、どんなに凄い大学に行っても幸せになれない。
超一流企業に入っても、官僚になっても、絶対成功しない。
僕は、大した学歴はないけど、どんな人が仕事で成果を出すかを知っている。
そして、どんな人が幸せになるかも。

だから、彼女に「これまで言わなかったけど、今日はあえて苦言を言うよ」と伝えた。
その上で、彼女の改善すべきこと、彼女の良さを伝えた。
静かに、淡々と、そして、彼女の幸せを願いながら・・・。

僕の苦言というか助言が、彼女の助けになることを願っている。
人は、自分が思うほど、出来ていないとか、出来ないことはない。
でも、人はどうしても誰かと比較するし、特に気になる人と比較してしまうし、
気になる人のレベルが自分より高いとか同じなら受け入れられないし、
そういう風に思う自分を、ひどく嫌な人間だと思ってしまう。
それは、理屈でも綺麗ごとでもなく、仕方ないことなんだ。

だからこそ、それが良いか悪いかではなく、自分と向き合うことが必要なんだと思う。
自分と向き合って、自分の成し遂げたいことを知る努力が必要だ。
それが、大金持ちになることや、とにかく誰かに勝ちたいならそれでいい。
それを思いっきり目指すしかない。
その本気の想いに動かされて、心の思うままに頑張ればいい。

一番ダメなことは、自分の心に従わないこと・・・
自分の心に、目指すべき思いがあるなら、それが良いか悪いかではなく、
それを本気で目指し、努力するしかないんだ。

正しいかは分からないけど、そんなことを一生懸命伝えてみた。

スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

No title

すみません、また書かせて下さい(笑)

あっ、いつもブログにお付き合い下さりありがとうございます。
そして拙い私のコメントにお褒めの言葉を頂戴し
何だか有難いやら、恥ずかしいやら。
何か・・・ありがとうございます。

きっとこの「彼女」は才能溢れた頭の良い女性なのでしょうね。
そして、自分が負けたくない人に「負けたくない」と
充分な闘争心もある。
それって生きていく上で大切な事だと思います。
ただ、私も苦言を呈させて貰えれば(笑)
最近の若い方は自信があり過ぎて、自分が人よりもやれると思い込んで
他人の話を全く聞かない。
スマホやネット辺りに出ている意見を信じ過ぎる。
そして自信があり過ぎる故に、学歴がない人間をバカにし過ぎる。
そんなバカだと思っている人間の言う事を聞かない。
基本的に人の話を聞かない人に進歩はありません。
私は底辺に生き、とかく人にバカにされる職業に就いていますが
(特に世の中の専業主婦の方々には、適当に騒いで、色気出して
人の酒を飲んで、誰でも出来る仕事をしていると、罵られます)
大人の社交場はバカでは務まりません。
めちゃ気を遣いますし、会話が出来なければ仕事は出来ません。
バカ=頭が悪いではないんですよね。
どんなに知識が豊富でも、それを生かす術を知っていなければ
バカと同じです。
最近の若い人達はたくさん知識があり、基本頭が良いですが
それを生かす経験値もなければ、それを生かす術を知っている
年上の方々と会話するスキルがありません。
何故ならスマホやパソコンでしか会話するツールを知らないから。
人と付き合う事が面倒だと思っているから。
それでは上手に生きる術も学べませんし、会話が出来なければ
世の中を上手に渡っていけません。
知識があるのに、上手に生きていけない。
上手に生きていけなければ、自分がダメな人間だと思い込む。
術を知らないだけに、生かし方も知らないから
一度駄目だと思い込んだら、自分は生きていけないと思い込む。
そんな安易は思い込みに填まり込む人達が多いのが目につきます。
本当に残念な事だと危惧しています。
みんな最初は心も弱く、スキルもない。
でも、世に出てたくさんの経験を経て、年上の方々の尊い助言を頂き
そしてそれを自分の糧にして生きていくのです。
それを若い人達にもっと知ってもらいたい。
そんな思いから私はスナックを経営して、若い人達とお年を召している方々の
ご縁を繋いでいきたいと願っているのです。
この「彼女」が苦言を呈した事を理解して、それを糧にして
前に進んでいってくれたらいいなぁと、切に願って止みません。
長文、支離滅裂なコメントで申し訳ありません。

minaさんへ・・・その2

minaさん、こんばんは。

やっぱりminaさんは凄いと思う。
そう、まずは僕の彼女に対する疑問に適切に答えてくださっている。
そして「頭がいい」ということの意味も。
凄いなあ、だから本気で生きる人が集うお店を経営できるんだと思う。
僕の気持ちや葛藤もちゃんと理解してくれて、暖かいコメントができる。
こういう人こそが、本当に頭のいい人だと思います。

minaさんのコメントについての僕の気持ちは明日の記事にさせてください。
そして、リンクをさせて頂きますので、問題があればお知らせくださいね。
これからも、たくさん教えてください。

No title

人はみな、他者と比較されまた、自らも他者と比較し、落ち込み、悩み...とネガティブ思考になってゆくのです。

大事なのは「自分」。
『ライバルは自分!』です。
常に自分と向き合い、少しでも進化していれば良しとし、前進、進化あるのみと信じて生きてきています。

おばあちゃんのスリスリ...い~ですね。私も同じです。
遠くから手を振ると、強面のその女性ですら、手を振ってくださり、その手を伸ばされるので、思わず近寄らざるを得なくなり握手する.....そんな毎日でしょうか。

いつまでも若くいられますよね...ぼく様。
ありがとうございました。

さっちゃんさんへ

さっちゃんさん、こんばんは。

そうなんですよね、本当は。
ライバルは自分だけ・・・でも若いとそれに気づきにくいですね。

ところで僕、おばあちゃんから人気があります(笑)。
ちびっ子からも結構人気があると思います。
ただ残念ながら・・・・(笑)。
プロフィール

くそったれの僕

Author:くそったれの僕
僕は「自由」が大好きです。みんなが「自由」だったらいいのになあと思います。
★このブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ★

FC2ブログランキングに参加しています!
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR